福袋がいっぱい

福袋は内容非公開の商品であり、現代においても基本的にその販売条件に変わりはない。組み合わせた商品の合計価格以下で販売されるため、購入者がどれだけ有用で豪華な内容であるかに期待できるギャンブル的な要素を含む商品である。しかし、福袋は客寄せの目玉商品であると同時に、その多くは店側の在庫処分的性格も有しており、価格以上の商品が入っていたとしても、売れ残りや不人気商品で埋められていたりする場合があり、そういった福袋は、インターネット上で「糞袋(くそぶくろ)」「鬱袋(うつぶくろ)」などとも喩され、店側も自虐的に「不幸袋」や「不吉袋」などと称するケースも増えている。



福袋の多くが非公開ではあるが、中身に宝飾品宝石など)・電気製品などが含まれる高額なものや衣料品の場合、購入前に中身の確認が許される、袋の素材が透明で中身が見える、あらかじめ内容が公表されている、指定された商品群からの選択性になっている、などといった方法が執られることがある。特に、貴金属のような高価な品物は、客寄せのためにショーケースに展示して販売される。



手さげ袋に納まらない大きさの商品(小さくない家電品など)や、自転車・自動車・住宅・旅行などといったそもそも袋に納める種類のものでない物件やサービスが、福袋の名で販売される場合には、手さげ袋に目録を入れるという形式が執られる(これらは実質、「福袋」と言うより「初売り商品」ではある)。



福袋が日本で最も早く販売されるのは千葉県浦安市にあるイクスピアリであり、1月1日(元日)の午前0時から販売される。ただし、インターネット上の通信販売サイト等では、1月1日に購入者に商品を配達するため、その数日前に販売を開始する例もある。



なお、近年は一部の家電量販店において、「お年玉袋」等の名称で、実質的に福袋と同内容の商品を大晦日から販売を開始する例も見られる。



また、景品表示法では、販売価格が5,000円未満の場合20倍まで、5,000円以上は10万円までと定められている。
| 福袋
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。